杭州飯店

2011年02月03日(木) 22時08分
今回の新潟出張は、全国的に有名な燕三条系ラーメンを代表する「杭州飯店」からスタート。


店構えは、地方でよく見かける、ごくごく普通の中華そば屋さんといった感じ。
店内に入ってすぐ、床のぬるつきに気付かされる。
背脂が床からも染み出ているようだ。

お冷をいただく。
コップがなんと、モロゾフのプリンの入れ物。

杭州飯店のラーメンの特徴は、煮干しで取ったダシに濃い目の醤油ダレ、
そして・・・そう。背脂。
この背脂ラーメンを日本で最初に考案したのが、この「杭州飯店」だといわれている。

時は高度経済成長期。鋳物で知られる燕は、洋食器の町として繁栄していた。
夜遅くまで稼動する工場からは大量の出前注文が入るようになり、そこで働く人たちに、旨いラーメンでお腹一杯になってほしいとの店主の思いから、寒い地方でもスープの表面を背脂でコーティングすることで、中身が冷めないようにと考案された。また、うどんのように太い麺は延びにくくするためだという。

チャーシュー麺をいただきました
しっかり背脂でコーティングされたスープは
蓋をされているが如く湯気が立たない!

正直、まんま “うどん”
醤油が濃い目のためか
背脂の量の割にはサッパリした感じのスープの後味
煮干しだしの風味が印象的だった


それにしても・・・
燕三条系ってくくりは、地元の方々にとってどうなんですかね。
新幹線開通に伴う駅の命名で便宜上とはいえ、「燕三条」のネーミングについては色々あったみたいですからね。


そうそう餃子もいただきましたキチンと並べればよかった・・・(笑)
とにかくデカイ!
通常の餃子の約3倍は軽く詰まっているであろう餡
野菜の程よい甘みが楽しめ意外にあっさりといただけました



ちなみに駐車場は広かった

  • URL:http://yaplog.locolobox.com/archive/1049
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Y部長
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2002年「ローソンの運転免許」立ち上げのメンバー。以来、常に営業の最前線で活躍。メーカー時代の経験を生かし、「ものづくり発想」を取り入れた合宿免許に関する様々な企画商品やイベントを考案。「合宿免許プロデューサー」として地域の特色やスタッフの個性を生かした企画に定評あり。合宿免許を通じた地域活性化を目指す。2015年1月、株式会社トリオワークス設立。

2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像あのっち
» 今村君おめでとう (2016年06月13日)
アイコン画像合宿免許に行った場所
» 奇跡のひるめし309 (2015年09月06日)
アイコン画像一人の合宿免許
» 盆踊りを眺めつつ思うこと (2015年08月09日)
アイコン画像合宿免許に入校
» 夏の全国高校野球東東京大会準決勝 (2015年07月27日)