水産復興 小口基金で

2011年06月12日(日) 18時31分
6/10付の読売新聞に、東日本大震災で被災した水産業者を、小口の出資金を集めたファンドなどで支援する取り組みが広がっているという記事があった。

一方で義援金が欲しくても手に届かないなんて記事も最近よく目にする。

義援金と違って、お金の行き先が見える分だけ資金も集まるのでは?とも思う。

記事では、カキやノリの養殖が壊滅状態となった宮城県松島湾の浦戸諸島では、養殖業者たちが4月から1口1万円の「1口オーナー制度」を始め、集めた資金を漁師約40人の資材購入や施設修理などに使っているという。養殖が再開すれば、出資者1口あたり2500〜3000円分のカキなどを配当として送る仕組み。ホームページで告知したところ、約2ヶ月で全国から1億4500万円が集まったという。

また、宮城県石巻市の水産加工会社などは5月に一般社団法人「三陸海岸再生プロジェクト」を設立。会員は個人1万円、法人3万円の年会費を出してもらい、漁師や中小企業の復興資金に充てる。会員数はすでに全国で500人となり、支援先の商品を市価の2〜3割引で買えるという。

他にも様々なファンドが立ち上げられ、民間資金を活用した復興支援が活発化しているのだが・・・

「被災企業への新規融資を促す仕組みが必要だ」
二重債務対策ファンド構想を表明した岩手県庁担当者に聞く


  • URL:http://yaplog.locolobox.com/archive/1167
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Y部長
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2002年「ローソンの運転免許」立ち上げのメンバー。以来、常に営業の最前線で活躍。メーカー時代の経験を生かし、「ものづくり発想」を取り入れた合宿免許に関する様々な企画商品やイベントを考案。「合宿免許プロデューサー」として地域の特色やスタッフの個性を生かした企画に定評あり。合宿免許を通じた地域活性化を目指す。2015年1月、株式会社トリオワークス設立。

2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像あのっち
» 今村君おめでとう (2016年06月13日)
アイコン画像合宿免許に行った場所
» 奇跡のひるめし309 (2015年09月06日)
アイコン画像一人の合宿免許
» 盆踊りを眺めつつ思うこと (2015年08月09日)
アイコン画像合宿免許に入校
» 夏の全国高校野球東東京大会準決勝 (2015年07月27日)