東北レポート(遠野@)

2012年06月11日(月) 6時17分
梅雨入り前の週末、従姉妹の出産祝いを兼ね、岩手〜宮城を巡った。

明け方の東京を発ち、北上。
夏の到来を感じさせる青と緑のコントラストの中、先ずは遠野を目指す。



遠野訪問は、震災約半月前の昨年2月下旬以来だ。

この間、想像を絶する様々な出来事があった。

合宿免許の業界で今やすっかり有名になった遠野ドライビングスクールのアグリビジネス。
個人的にも興味があり、時折営業の藤井さんと電話で話す。

「たまには現場も見に来てよ」

しかし、より深く関わろうとすればするほど、会社の本来の業務とかけ離れ出張申請は通らない。

ここ数回の訪問はもっぱらプライベートだ。


教習所に到着。
藤井さん不在のため松田さんに車で現場を案内される。

移動しながら、今年の栽培状況について説明を受ける。
例年通り原木椎茸、トマト、米。
さらに今年はジャガイモに挑戦。
アマランサスはやめたとのこと。

はじめに原木椎茸から見せてもらった。
全て「原木干し椎茸」として出荷している。



山の斜面一帯に広がるシイタケの原木。
今年の椎茸は例年に比べ取れ高が好調だった。

しかし、先頃、市内で生産された一部の原木干し椎茸から国の基準値を上回る放射性セシウムが検出され、出荷を断念せざるを得ない状況になってしまった。

遠野ドライビングスクールの椎茸は測定の結果、基準値以下だったが見合わせたという。

ちなみに藤井さんが不在だったのは、この件で地元生産者に対する保証について東電側からの説明会が急遽行われたためだった。


続いてトマトのハウスへ。
これまで「無塩トマトジュース」として出荷している。



高糖度トマトは品種を増やした。
従来のアイコ(赤)とトマトベリーにフルティカを加え、アイコは黄色を追加した。

高糖度以外では大玉の桃太郎や加工用のにたきこまトマトも追加した。

また今夏から、ハウスだけではなく露地栽培にも挑戦することとなった。

基本すべて加工品販売で、従来のジュースにピューレをラインナップに加える。
なお、ジュースは昨年同様720mlベースで1,000本の出荷予定とのこと。


次に今夏から挑戦する露地栽培の畑に案内される。
種類はトマトとジャガイモ。




ジャガイモは社長の発案。
突然の意向だったらしく、準備が大変だったとのこと。
時期も時期だったので、とりあえず手に入った5種類で栽培。
初めてなので成育が心配だが、5種類のポテトフライをずらり並べた食べ比べを楽しみに・・・
ジャガイモは加工販売だけでなくイベントも企画していきたいという。


最後は田んぼへ。



米の生産管理について以前は100%教習所スタッフが行ってきたが、今では作業負荷を考え、草取りなど日々の作業は田んぼを提供してくれている農家にお願いしているという。
教習所スタッフは田植えや収穫期に応援する。



遠野ドライビングスクールがアグリビジネスをはじめたのは平成18年。
今年で6年目になる。
一昨年前まで全てインストラクター兼任だったアグリスタッフも、昨年から専任を2人雇用し、4人のスタッフを中心に日々の管理を行っている。

みんな遠野の将来を背負って立つ若い人材ばかりだ。

そんな彼らとの会話から現状の課題が見えてくる。

話を聞いていて、社長の土(露地栽培)と安全(無農薬)へのこだわりは並々ならぬものであることがわかった。
しかし、理想論だけでは限界がある。
それが現状からかけ離れたものであればあるほど現場は疲弊する。

アグリビジネスに良い土壌づくりは欠かせないが、彼ら現場の意見が汲み取られる土壌づくりも欠かせないと感じた。


アグリスタッフの桑畑(左)と佐々木(右)さん。
若い彼らが教習所さらには遠野の将来を担っていく。

6次産業が地域活性の起爆剤に

2011年09月28日(水) 15時38分

昨日、遠野ドライビングスクールさんからトマトジュースをいただいた。

ラベルには、「6次産業開発製品」の文字が記載されている。

その6次産業とは造語で、農林水産業(1次産業)をベースに、製造加工業(2次産業)、流通・販売サービス業(3次産業)全体を組み合わせ、連携し、消費者のニーズに合った、地域ならではのモノやサービスを生産・提供することで、付加価値や新たな食農ビジネスを創出する産業を言う。

1次、2次、3次・・・
6次産業の名称は、1+2+3=6、1×2×3=6と、足しても掛けても答えが6になるところに由来しており、生産者が生産そのものだけではなく、例えば、それら生産物の加工や販売を行ったり、生産・加工品を提供するレストランなども一緒に経営するというような産業形態である。

つまり、生産者が生産から消費まで一貫して商品に関わることで付加価値が高められ、経営の効率化を実現させることができるのだ。

欧米では、農場・加工・宿泊施設などが一体となり、ヒト・モノ・カネの循環をつくることで、幅広い雇用を生み出すという6次産業の取り組みが既に実践されている。

しかし、日本でのこうした取り組みはまだまだ浸透しきれておらず、農業の経営は市場の値段や天候に左右されやすいというのが実情である。

日本の農業がこうした状況から脱却し、TPPの参加など国際化へ向けたこれからの流れの中で生き残っていくためには、それぞれの地域全体で知恵を出し合い、その土地独自の資源を使って自立していくことが求められる。

そういう意味で6次産業は、地域全体の経済を活性・安定化させ、さらには日本の食や農地、田園風景といった財産を守っていくことにつながるひとつの方法と言われている。


ところで、遠野ドライビングスクールのある遠野市では、他の地域に先駆け独自の自然や文化などの観光交流を取り込んだ6次産業を市全体で実践してきた。

そのような環境だからこそ、教習所でありながらアグリビジネスを行うことを地元も受け入れ、スムーズに展開出来ている。

米、雑穀、フルーツトマト、原木椎茸・・・
遠野ドライビングスクールがアグリビジネスを展開して6年。

年を重ねるごとに、その収穫高は確実に増えている。

今後、同校が本来の6次産業を目指すうえで、3次産業部分の充実化が課題となる。

来年こそ次のステージに進まねばならない。

そのために、何よりも最優先で取り組まなければいけないのは現場の意識改革だ。

ジンギスカンの街・遠野

2011年03月08日(火) 23時06分
実は、遠野は1人当たりの羊肉消費量が、北海道と1、2位を争うほど
「ジンギスカンの街」なのだ。

羊肉を「ジンギスカン」という形で食べるようになった歴史は、約50年ほど前から始まった。
遠野だけではなく、岩手においても最初に紹介したといわれているのが、地元安部商店の初代・安部梅吉氏といわれている。

梅吉氏は、戦時中に満州で食した羊肉料理をぜひ故郷に広めたいと、帰国後、昭和30年頃から店に羊肉を出しはじめたという。

当時、日本中ほとんどで羊肉を食べる習慣がなく、ここ遠野も例外ではなく、「羊の肉を食うのか?」と笑われた。
しかし、梅吉氏が試行錯誤の後に作り上げた、羊肉と相性の良い自家製タレがクチコミで徐々に評判となり、やがて店は繁盛!
今では遠野で、『今日は焼き肉やるか!=今日はジンギスカンやるか!』といっても過言ではないという。

また、肉は、焼肉店のようにあらかじめタレに漬けたいわゆる“味付け”ではなく、焼いてからタレにつける“後付け”が、遠野流の食べ方の基本となっている。
ゆえに、「タレがとにかく重要」と遠野ドライビングスクールの藤井さんが焼きながら教えてくれた。
タレが重要なんですよ!と藤井さん
脂をひいて
肉を乗せ
さらに乗せ
そうそう、野菜も忘れずに!
おぉぉぉ!では、いただきます
肉質もやわらかくて美味しいし、羊肉独特の臭みも全く無い
それどころか羊肉というだけで何故かヘルシーにすら思えてくる(笑)


みちのく二人旅

2011年03月03日(木) 6時24分
なでしこりかさま

遙かなる遠野への旅、いかがでしたか?

出会う人出会う人が、濃いぃ〜ヒトばっかりで・・・(笑)

ホントに、あっという間の24時間でした。

この春から、いよいよ新たなる夢に向かってのスタートですね。

陰ながら、いつも応援しています!

部長Y

追伸
カッパ淵は次回のお楽しみということで・・・


遠野グリーンツーリズムの立役者、糠森さんとツーショット!
やかまし村を取材しました
窯の補修用にレンガを砕いている
巻き割り機なるものをはじめて見ました
ガンバレ!猪肉が待ってるぞ!
熱心に取材するなでしこりかさん
やかまし村のみなさんと記念の一枚
遙かなる遠野へ・・・


NPO法人遠野山・里・暮らしネットワークの菊池さん
色々なお話をお聞かせいただき、大変参考になりました。

自然農園みやしろの糠森さん
二日酔いのところ突然押しかけて申し訳ございませんでした(笑)

遠野ドライビングスクールの田村社長、篠原さん、藤井さん
繁忙期のお忙しい最中にも関わらず、快くご対応いただきましてありがとうございました。

みなさま、本当に、本当に心より感謝しています。
今後とも、なでしこりかさん共々、末永いお付き合いの程よろしくお願いいたします。

部長Y

うまい米「馬米(うまい)」A

2010年11月16日(火) 1時31分
「最高の米には、最高の炊き方で応えねば!」

ということで、土鍋を用意!
研いだ米をザルに入れ10分水を切った後
土鍋に米と水を入れさらに30分置いたあとに火にかける

15分炊いて、火を止め・・・15分蒸らす
土鍋をテーブルに運び
ふたを開けると・・・湯気がふわっと広がる
う〜ん。炊き立ての香り・・・
まるで宝石のよう
立ち具合もいい
土鍋でふっくら炊き上がったごはん
噛むごとに米の一粒一粒に粘りがでてきて
ふっくらとした厚みが感じられる食感
“味・食感・香り“のバランスが素晴らしい

味よし・粘りよし・柔らか過ぎない
甘さひかえめで食べやすいあっさりタイプ


うまい!



雑穀と一緒に炊いたもの黄色い粒がアマランサス


うまい米「馬米(うまい)」@

2010年11月16日(火) 0時55分
「民話が息づく夢の国・遠野」から

ついに届きました・・・あの、馬米
馬米は無農薬特別栽培
今では非常に珍しい「循環農法」でつくられている

馬の堆肥・牛の堆肥・木酢(木酸)・炭・米ぬかを使用し
苗付から刈り取りまですべてを手作業で行われる


お米の大きさ比較
いつも食べてるコシヒカリ
今回の馬米(あきたこまち)
粒がデカイ!

アマランサスも入っていました

遠野うまいもの

2010年11月07日(日) 10時44分
まずは、現地で印象に残った2品から。

みそぱんかための生地 パンというよりはお菓子
味噌の風味 “しょっぱ甘い”味わいが絶妙
「馬米」の田んぼを見に行ったときに、遠野ドライビングスクールに田んぼを貸してくれてる農家の方にいただきました。
小さい頃、仙台駄菓子の定番として慣れ親しんだ味わいが、30数年ぶりの時を経て口の中によみがえる!
味噌が練りこんである絶妙な固さの生地が、噛むごとに柔らかくなり歯の裏や舌にねっとり絡みつく・・・

うわぁ〜これこれ!懐かしー!!

ひとりで盛り上がってしまいました(笑)


サンマ茶漬け遠野駅近くの居酒屋でご馳走いただいた時のシメなんだけど
サンマのたたき?なめろう?の茶漬け


店の名前“魚っごや”さんだったかなぁ。
「遠野で魚介とはめずらしい」って問いに、なんでも店主の親戚?兄弟?だったか・・・
三陸からの独自ルートがあって、間違いないものが入ってくるって聞いたけど、
確かにその通りで、テーブルには「ここは港町か!」と思わせるような新鮮な魚介類がテーブル狭しと並べられた。
そして最後には、まさかこんなレアな茶漬けまで食べられるとは・・・
海にも強い遠野に、さらなる奥深さを感じた。



次に、おみやげでいただいたものから。

暮坪かぶ見かけは大根ですが・・・
もともと食通の間では特別な薬味として珍重されていた野菜なのだが、漫画「美味しんぼ」で究極の薬味として紹介されて以来、広く一般にも知られるようになった。
約400年前に近江商人が伝えたと言われていて、遠野の暮坪地区のみで作られている。
例年10月初旬から11月にかけて収穫され、一度収穫した暮坪かぶの畑は3年休ませる必要があるという。
見かけは大根だが、紛れもなく“かぶ”で、いわゆる辛み大根と比べて14倍の辛さ。
濃厚なかぶの香りと深い辛みがあいまって心地よい風味を醸し出す。
蕎麦を暮坪かぶの薬味で味わう「くれつぼざる」がおすすめ。



今回の遠野シリーズはこれで終了です。
最後に・・・
遠野ドライビングスクールの篠原さん、藤井さん、新田さん。
遠野山・里・暮らしネットワークの菊池さん。
農泊先の糠森さん、奥寺さん。
馬米の田んぼのおじさん、おばさん。
途中立ち寄った直販所のみなさん。
そして、宿泊先のホテル鍋城のみなさん。

大変お世話になりました。
ありがとうございました。
また会う日まで

ついに、カッパ発見!か・・・

2010年11月02日(火) 1時39分
カッパ捕獲許可証を手にし
いざカッパ淵へ!
ホップ畑脇の道を抜けると、やがて常堅寺が見えてくる
この常堅寺の裏手にある小川が、昔から伝わるカッパ伝承の舞台だ


常堅寺の山門
仁王像
仁王像は慈覚大師作と伝えられ
元々早池峰妙泉寺の仁王門に安置されていたが
明治5年に神仏分離により廃寺となり
ここ常堅寺に移されたという

ここ常堅寺の境内の裏にカッパ淵がある
カッパ狛犬
カッパが常堅寺の火事を消して狛犬になったという伝説がある

妖しい・・・
境内の裏を流れる小川
ここにカッパが住んでいる

ん・・
カッパはキュウリが好きというが
こんなんで釣れ・・・

あっ!

カッパ発見!!

カッパ。まぶりっと(守っ人)に釣られる

そしてカッパは
遠野ドライビングスクールの
インストラクターになったとさ
めでたし めでたし


遠野ふるさと村。あたり・・・

2010年11月02日(火) 1時09分
ビジターセンター風樹舎で昼食をいただきました
民俗学的なオブジェがいっぱい
風樹舎を通ってふるさと村に入るのだが
時間が無かったので今回はパス

ふるさと村では大河ドラマなど時代劇モノの撮影を
しょっちゅうやっているらしい

にごり酒
遠野は全国で一番最初に“どぶろく特区”に認定された地域
しかし当初商品名を「どぶろく」の名前で申請したが
密造を連想させるので認可が下りなかった
苦肉の策で方言の「どべっこ」で申請したところ許可が下りたという

遠野といえば“そば”です
おぉ!天ぷらに経木を使っている
経木はお土産コーナーでも売られていたが
遠野産は有名なんだろうか・・・

腹ごしらえしたところでカッパを捕まえに
いざカッパ淵へ!

神々が宿る「民話の里・遠野」

2010年11月01日(月) 0時13分
農業関連を見学させていただいた次の日、馬の里、ふるさと村、かっぱ淵など、教習生も滞在中によく訪れるスポットをご案内いただいた。

遠野 馬の里乗馬教室
小さい子供たちはポニーと触れ合うことも出来る
走路は1周975m
屋根付坂路馬場は直線685m
敷地総面積約367,940u
遠野馬の里クラブハウス
ご家族で管理されているとのこと
お子さんにとってもいい環境ですね


乗馬のコツは、前に進むとき手前ばかり見ていると馬が怖がってしまうので、遠くの進む方向を見る。乗馬も車の運転に通じるところがあるって、前回訪問したときに教えていただきましたが・・・

今回は時間が無く残念ながら乗馬体験できませんでした。

遠野馬の里ホームページ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Y部長
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2002年「ローソンの運転免許」立ち上げのメンバー。以来、常に営業の最前線で活躍。メーカー時代の経験を生かし、「ものづくり発想」を取り入れた合宿免許に関する様々な企画商品やイベントを考案。「合宿免許プロデューサー」として地域の特色やスタッフの個性を生かした企画に定評あり。合宿免許を通じた地域活性化を目指す。2015年1月、株式会社トリオワークス設立。

2012年06月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像あのっち
» 今村君おめでとう (2016年06月13日)
アイコン画像合宿免許に行った場所
» 奇跡のひるめし309 (2015年09月06日)
アイコン画像一人の合宿免許
» 盆踊りを眺めつつ思うこと (2015年08月09日)
アイコン画像合宿免許に入校
» 夏の全国高校野球東東京大会準決勝 (2015年07月27日)
アイコン画像旅行ついでの合宿免許
» 自宅で駅弁食べてます (2015年07月19日)