もろやまゆずの里ウォーク

2015年11月23日(月) 23時04分

久しぶりの山登り。ちょっとキツいです

今年はなんだかんだで忙しく、去年までよく参加していたウォ―キングイベントに出ていないと思い、年内参加できそうなヤツを…と、インターネットで探したところ引っかかった「もろやまゆずの里ウォーク」。
山登りの後は、ゆずの香りに包まれた里山をのんぶりてくてく。
町をあげての盛り上がり感がひしひしと伝わってくる、結構満足度の高いイベントでした。




金峰山B

2013年10月20日(日) 12時51分
ちょうど正午過ぎたあたりで大日岩(2,201m)に到着。
大きな岩を目の前におにぎりを頬張る。

さて、ここから金峰山山頂までは約2時間。

日帰りで、しかもこの後温泉に入ることも考えると、
時間的にこのあたりが限界。無理せず引き返すことにした。

大日小屋〜大日岩

大日岩が八丁平と金峰山頂の分岐点となる

大日岩から南アルプスの山々を望む

単に先を急ぐだけなら、山頂に行けないこともなかったが、
ゆっくり自然を楽しみながらの登山となると、
このクラスでは日帰りでは限度がある。

100キロウォークで揃えたウエアーやグッズが勿体なくて
何気に始めた登山も今回が3回目。

初心者ながら少しずつ山のレベルも上げていき、
登山の面白さも少しずつ分かってきた。

次あたりは山小屋泊の登山も考えようかな。



金峰山A

2013年10月19日(土) 12時44分
富士見平小屋を後に、暫く比較的緩やかな樹林帯を登っていくと
右手の木々の間に南アルプスが見えてくる。

やがて巨大岩の塊の大日岩が見えてくるあたり、
大日小屋上の幕営地でひとやすみ。

富士見平小屋〜大日小屋

春先は緑の絨毯が岩全体に広がるという

木々の間から南アルプスを望む

大日小屋上の幕営地

あの山の上に見る巨大岩の塊の大日岩を目指す




金峰山@

2013年10月18日(金) 0時37分
今シーズン3度目のビギナー登山は奥秩父の金峰山。
山梨と長野の境界にあるこの山は、山梨側の瑞牆(みずがき)山荘や
大弛(おおだるみ)峠、長野側の廻り目平からアプローチが可能。

いくつかのサイトを調べ、今回は一番ポピュラーと思われる瑞牆山荘より
山頂を目指すことにした。登山道はその瑞牆山荘正面からスタート。

瑞牆山荘〜富士見平小屋

スタートから岩場多し

途中、古くからの信仰の山、神々しい瑞牆山頂を望む

最初の休憩地点、富士見平小屋

富士見平小屋から富士山を望む

赤城山A

2013年09月24日(火) 0時18分
黒日山山頂〜駒ヶ岳

今回は悪天候のトレッキングが経験できました
これから駒ヶ根登山口を目指して下山です

赤城山@

2013年09月23日(月) 23時14分
初のトレッキング高尾〜陣馬から約4ヶ月。
2度目に選んだのは、榛名、妙義と並ぶ上毛三山の一つ、赤城山。
赤城山は中央部のカルデラ湖「大沼」を取り囲む複数の峰々からなり、
大沼を中心に峰々の多彩な登山ルートを楽しめるのが特徴。

今回は赤城山の最高峰を目指す、
黒檜山(1,827m)〜駒ヶ岳(1,689m)の代表的ルート。
特に黒檜山の一大パノラマの素晴らしさは・・・
ということだが、ご覧のようにあいにくの天候。

絶景は望めなかったが、霧に加え岩場ありブッシュありの
なかなか楽しいコースだった。

黒檜山登山口〜黒檜山山頂入口

黒檜山登山口から岩場の登りが続く

結構急な登りを越えた先に赤城山の最高峰
黒檜山へ通じる細い道に出る

高尾山〜陣馬山トレッキングA

2013年06月02日(日) 0時53分
城山から景信山までのコースが結構キツかっただけに、
その先、陣馬山まではラクに感じた。


景信山から陣馬山までは、全体的に緩やかな道が多い


明王峠(標高738.9m)


景信山と陣馬山の間に位置する明王峠
陣馬まであとすこし


広葉樹の木漏れ日、鳥のさえずり・・・
さすがにここまで来ると、行き交う人もめっきり少なくなる


ついに陣馬山到着!山頂下から富士山を望む


陣馬山(標高857m)


陣馬山山頂にある白馬の像


陣馬山からは陣馬高原下のバス停まで、360mの標高差を一気に下る。
ルートは陣馬山から和田峠経由20分ほどで舗装された道に出る
比較的楽なルートと、道なき道の山道を1時間ほどかけて
舗装された道に出るルートとふたつあり、もちろん後者を選んだ。

デビュー戦のシメを飾るにはちょうどいいと思って選んだが、
結果、この日一番きつい山道だった。


途中山ツツジがキレイに咲いていた


国道が近づくにつれ、沢のせせらぎ音がだんだん大きくなってくる


舗装された道、陣馬街道へついに出た!
これからバス停〜高尾駅へ


打ち上げは「魚勝@高尾北口駅前」にて
山手ながら魚貝料理が新鮮で旨し。


かつおのタタキは本場高知にも引けを取らないといったら言い過ぎか
でも塩タタキでも充分いける新鮮さ。


シメには名物のわっぱ飯
具だくさんで、まさにネタの宝石箱のよう


天気にも恵まれ、こうして無事、初めての登山は終了した。

今後個人的に何度か経験して、登山部の活動に参加したいが、
今回思ったのは、グループで行く際のポイントとして、
それぞれの体力差を前提にどういう歩行計画を組むかだろう。

そういう意味で、自分の体力を知るうえでも、
今回のコースはビギナーにはうってつけのコースだと思う。


高尾山〜陣馬山トレッキング@

2013年06月01日(土) 23時47分
初めての山登りは定番の高尾山〜陣馬山縦走。
天候にも恵まれ、デビュー戦として充分楽しめた。

京王高尾山口駅から高尾山山頂までは、7つのアプローチがあるが、
比較的観光客が少ないと思われる稲荷山コースを選択。
その距離は3キロちょっと。
毎朝のウォーキングなら30分程度の距離でも、
山道では休憩も入れ約3倍近い時間を要した。
まずは、ウォーミングアップを兼ね、自分なりの山歩きの感覚を掴む。


稲荷山コースの中間地点にある展望台から都心を望む


高尾山頂へのアプローチのうち
稲荷山コースは最も本格的な尾根歩きが楽しめる


高尾山頂のビジターセンターを通過し城山を目指す。
新緑の中、気がつくと行き交うヒトの数も少なくなり、
聞こえるのは様々な鳥のさえずりだ。


モミジ台は平坦で歩きやすい道
あまり聞くことのない様々な鳥の鳴声が楽しめた


高尾山と城山の中間にある
一丁平展望デッキの真正面から富士山を望む


城山到着したとたん、茶屋の前は結構なヒトの数が・・・
中には花見を思わせるような盛りあがりを見せるグループあり
雰囲気はまさに大人のワンダーランド


TVの旅番組で度々紹介される名物なめこ汁(250円)
とろみのついた汁を先ずはひとくち
乾いた身体に程よい塩分が染みわたる


城山頂上からの眺め
都心の展望が一気に広がる


城山と景信山の中間にある小仏峠より


小仏峠から景信山に続く尾根
全行程でこの区間のアップダウンが一番きつかった


景信山手前、急勾配の坂を登る
苦しいときに、こういう風景が目前に広がるからたまらない


景信山山頂のすぐ下にある景信茶屋より
城山より人はだいぶ少なくなり、程よい雑多ぶり


茶屋では名物の天ぷら(300円)を注文


内容は山菜。その辺から摘んでくるから原価はゼロ?
傍から見る限りでは、つくづくいい商売だ


景信山山頂から所沢方面を望む
画像中央奥の白い建物は西武ドーム


景信山(標高727m)


陣馬まであと約6キロ
ここまで来ると歩く速度に対しての距離感が何となく感覚的に掴めてくる
いずれにせよ山は平地と違って1キロ1キロがとにかく長い

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Y部長
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2002年「ローソンの運転免許」立ち上げのメンバー。以来、常に営業の最前線で活躍。メーカー時代の経験を生かし、「ものづくり発想」を取り入れた合宿免許に関する様々な企画商品やイベントを考案。「合宿免許プロデューサー」として地域の特色やスタッフの個性を生かした企画に定評あり。合宿免許を通じた地域活性化を目指す。2015年1月、株式会社トリオワークス設立。

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像あのっち
» 今村君おめでとう (2016年06月13日)
アイコン画像合宿免許に行った場所
» 奇跡のひるめし309 (2015年09月06日)
アイコン画像一人の合宿免許
» 盆踊りを眺めつつ思うこと (2015年08月09日)
アイコン画像合宿免許に入校
» 夏の全国高校野球東東京大会準決勝 (2015年07月27日)
アイコン画像旅行ついでの合宿免許
» 自宅で駅弁食べてます (2015年07月19日)