石川発 奥能登地サイダー「しおサイダー」

2010年08月31日(火) 22時37分
江戸時代の初めから、奥能登・珠洲で続けられてきた
揚げ浜式製塩法で作られた希少な海水塩を使用した贅沢なサイダー。
ほどよいほんのりとした塩気と甘みが一緒になって、
飲んだ後の何ともいえないまろやかな風味。
海水のミネラル分は体液に近く浸透性が良い事を考えると、発汗後の飲料としても最適なんだろうね。




炭酸好きのSO-TAへ、知って楽しい炭酸トリビア

炭酸水はW杯優勝の陰の立役者
2006年のW杯で優勝したイタリア代表チームのフィールドドリンクは炭酸水だった。
炭酸水を飲むと、汗と一緒に排出されたナトリウムを効率よく摂取でき疲労回復に役立つ。
もし炭酸水が高度なパフォーマンスを可能にしたのならば、優勝は炭酸水のおかげだったと
いっても過言ではない?

日本初の炭酸飲料はペリーが伝えた
日本に炭酸水が初めて伝えられたのは、1853年のこと。
ペリーが黒船で浦賀に来航した際、船に積んできたレモネードを幕府の役人に飲ませた。
栓をあけた「ポン!」という大きな音に役人は驚き「さては新式銃か!」と腰の刀に手をかけたとか、かけなかったとか・・・

炭酸飲料はクレオパトラの発明
クレオパトラは美容と不老の秘薬として、真珠をぶどう酒に溶かして飲んだと伝えられる。
真珠に含まれる炭酸カルシウムがぶどう酒の酸に溶けて炭酸ガスを発生させ、シャンパンに似た飲み物になったのではないかと想像されている。
それが本当なら、世界初の炭酸含有飲料を作ったのはクレオパトラということに(ちょっと無理やりですが・・・)。炭酸のチカラでキレイになれるかも?

最初に飲まれた炭酸水は温泉だった
炭酸水を飲む習慣は、炭酸泉を飲用したことが始まりだとか。
ヨーロッパ各地に湧き出る天然の炭酸泉は治療や健康増進のため、ガスを患部に当てたり、
飲用に用いられていた。
ローマ時代には飲用のため壺に詰めて運んでいたとか。

サイダーの語源はシードルだった
サイダー(英語:Cider)の語源は、リンゴ果汁の発酵酒であるシードル(仏語:Cidre)だと言われている。
ちなみにラムネは日本独特の名称で、外国人が呼んでいる「レモネード」の発音が日本人には「ラムネ」と聞こえたことから発生したものとか。

ラムネのビンのビー玉のヒミツ
「どうやってフタにぴったりはめているのか?」子供の頃に思った人も多いはず。
実は液体に溶け込んでいる二酸化炭素の力を利用し、中からフタに向け押し出しているから。

ビー玉を入れた状態でビンを製造→ラムネシロップを入れたビンに炭酸水を一気に吹き込む→空気が抜ける→ビンをひっくり返す→外に出ようとする空気がビンの口にビー玉を押し付ける

ゆえに、ビー玉を下に落とした瞬間、泡が吹き上げてくるのだ。

島キュウリ

2010年08月30日(月) 23時31分
先ごろ、かずみちゃんからもらった島キュウリ


まずは輪切りにして、石垣・糸数商店の肉味噌をのせてみた
つぎに宮崎ソウルフード冷や汁に入れてみた
残りはタコとワカメで酢味噌あえにしてみた
大きいけど主張しない島キュウリ

でも、しっかり夏の味がした





東京で塩たたきを味わえるシアワセ!「TOSA DINING おきゃく」

2010年08月29日(日) 23時29分
先日食べそこなったカツオの塩たたき。

どうしても・・・どうしても・・・ど・お・し・て・もぉ〜

食べたくて・・・

またまた来ちゃいました・・・
“まるごと高知”の 「TOSA DINING おきゃく





席に着くなり、
カ、カ、カ、カツオの、し、塩たたきを・・ひ、ひとつ!

あっ、すみませんが最初にお飲み物からご注文をお願いします。

うへっ


そして、数分後・・・

ついにカツオの塩たたきが登場!
カツオの塩たたき1,500円
切り身、厚い!
天然の塩をパラリ・・・


まず、ひと切れ・・・

むぐ、むぐ、むぐ・・

藁焼きの香ばしい風味が一気に鼻孔を突き抜ける!

ううううううま〜い!

これこれ、この味!これぞ塩たたき!!

もう、しばらく味わえないんだろうなぁ〜と・・・
先ごろ本場高知でハマりにハマった塩たたき。

まさか、これを東京で味わえるとは思わなかった。

まるごと高知サマサマですな。

はちきん地鶏の蒸し鶏 〜グリーンビネガーソース〜850円 
カツオ酒盗400円
四万十川の川海老の唐揚げ750円
サバの押寿司1,200円
                  

カツオ以外にも・・
土佐料理を地元の味そのままに、しかも気軽な価格で提供してくれる“おきゃく”。
最近の飲食店では相当気に入ってます。

あっ、ちなみに 全席禁煙 ですので、どーしても我慢できない方は残念ですが・・・

2010夏の思ひ出 〜石川・千里浜なぎさドライブウェイ〜

2010年08月28日(土) 9時52分
福井での仕事を終え、次の目的地小松へ向け車を走らせていた。

昨晩は、久しぶりの細やんとの再会でつい嬉しくなり、調子にのって少々飲み過ぎてしまった。
それにしても、合宿免許初日から飛ばしすぎかなぁ・・・
その手のおつきあいは、多少慣れているんだろうと思いつつも、
なでしこりかちゃんの事が少々気にかかる。

前日のお礼も兼ね途中のサービスエリアから細やんに電話を入れる。

「大丈夫、だぁいじょーぶ!なぁ〜んも心配入らないよ!」

ケータイから聞こえてくるいつものハイテンションの声。

まっ、細やんに頼んどけば心配ないか・・・


出張で地方空港を利用する時の復路は便数は少ないため、
いつも最終便を押さえている。この日は小松空港、夜8時の便。

時間、結構余るだろうなぁ・・・
パッケージツアーの辛いところである。


順調に仕事も終了。最終便までの時間をどうやり過ごすか・・・
金沢市内での店舗巡回もいいが、
夕方時の渋滞に巻き込まれるリスクを考慮に入れられるほど時間的余裕は無い。

SO-TAに出張の報告がてら電話をする。

「今から金沢は危ないですね。それならもっといいところがありますよ」

SO-TAが教えてくれたのは、砂浜に道路標識が突き刺してある不思議な海岸だった。

夕日きらめく海岸線。
砂浜のあちらこちらには、バーベキューを楽しむ若者や帰り支度の海水浴客がまだ残っている。

車の窓を全開にし、ムッと絡みつくような潮の匂いに包まれ、波打ち際をただひたすら往復していたあの夏の日。




そんな夏も、もう終わろうとしている。
そして、なでしこりかちゃんの福井での合宿免許も・・・

りかちゃん卒業検定合格おめでとう!
仕事と並行しての大変な合宿教習でしたが、まずは無事終了できてひと安心ですね。
いよいよ最後の詰め、免許センターでの筆記試験もこの調子でがんばってください。

そして、そして・・・
福井自動車学校の細川さん、竹内さん。
このたびは大変お世話になり、本当に!本当にありがとうございました。
超繁忙のこの時期、変則的なカリキュラムを組んでいただくだけでも大変なのに、
観光スポットなど色々なところにもご案内くださったそうで・・・
心より感謝しております。今後ともお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。





千里浜なぎさドライブウェイ
石川県羽咋郡宝達志水町今浜から羽咋市千里浜町に至る延長約8kmの観光道路。
一般車やバスでも砂浜の波打ち際を走れる日本で唯一の道路として知られる。
よく映画やCFなどの撮影でも使われている。

それぞれのガンバリに・・・

2010年08月27日(金) 16時34分
町は民間のガンバリにどう応えるか

専務はスタッフ全員のガンバリにどう応えるか

期待しています

ヨネギーズ

2010年08月26日(木) 23時34分
米子のヨネギーズについて。
米子市と淀江町が合併し新しい米子市が誕生した翌年、米子市のイメージキャラクターとして登場!
最近ツイッターで火がつき大ブレイク!!

そのツイッターが縁で、3月に「ヨネギーズ缶バッジ」、7月には第2弾としてハンドタオルが登場!
米子市企画課では、その商品企画も営業も全てツイッターで行っていた。
今では東急ハンズジーンズメイトでも取り扱いを開始し、品薄状態が続いているほどの人気ぶり。

もはや全国区!
山陰中央自動車学校の岡田さん、どーします?

灯台下暗しですな。すぐに市役所行って絡まなきゃ。

地産地消!米子のネギ、使ってますかぁ〜!!



豆腐のもろみ漬け「豆匠 嶋津・秘伝 豆酩(とうべい)」

2010年08月26日(木) 13時21分
豆腐のもろみ漬け
何年か前に、“boss-t”と“すぐとるpinky”が熊本の城北自動車学校さんに行った時にお土産として持たされ、2人ともこの手のモノは苦手と、時間差でオレにお鉢が回ってきて・・・

テーブルに2つ並んだ「豆腐のもろみ漬け」。

しかし、オレもその時初めてだったものだから、正直抵抗があったものの、勇気を振り絞って一口食べてみたところ、旨いこと旨いこと・・・数日で2つともペロッと食べてしまった。

それ以来、その濃厚な味が忘れられず熊本出張のたび買ってきたものだが、「銀座熊本館」が出来てからはいつでも手に入るようになった。まったくアンテナショップさまさまである。

さて、これはちびちびつまみながら一杯ってのもいいが、オレはフランスパンやアツアツご飯にのっけて食べるのが一番好きかな。

ひとくち口に含むと柔らかくトロ〜リとした舌触り
次の瞬間まろやかな独特のコクが舌の上いっぱいに広がる
その熟成された深い味わいはまさに和風チーズ!


800年の歴史を持ち、全国でも熊本の一部の地域だけに伝わる平家落人伝承の保存食「豆腐のもろみ漬け」は、阿蘇の伏流水と厳選した大豆を使い、天然にがりで造った自家製堅豆腐を5ヶ月以上の間、店独自の秘伝のもろみにじっくり漬け込んである。
酒の肴として全国各地から問合せが殺到している、らしい・・・


熊本県山都郡 豆匠 嶋津 
豆腐のもろみ漬け 秘伝 豆酩(とうべい) 180g  銀座熊本館価格630円


突発的ふるさとアンテナショップ巡りA

2010年08月25日(水) 23時09分
気を取り直して新橋方面へ。

「食のみやこ鳥取プラザ」のコンセプトは「東京にいながら鳥取を感じられる場所」。1階は鳥取県の魅力を情報発信しながら、旬の農林水産品、加工品の販売を、2階では産直の素材を活かした料理の提供を行っている。そういえば以前、ここで妖怪に遭遇するという不思議な体験があった(マジで!)。



愛媛&香川の「せとうち旬彩館」は、隣接県同士の共同出店という珍しいパターンのアンテナショップ。両県の特産品の販売は1階にて。2階では瀬戸内の郷土料理の提供や観光情報の発信を通して両県のイメージアップを図っている。





有楽町へ戻り、駅前の交通会館へ。
ここは複数のアンテナショップが入っていて、ハシゴするだけで各地を旅した気分になるという、アンテナショップフリークにとって聖地のようなところ。

外では、毎週末になるとマルシェが開催される
「交通会館マルシェ」は毎週土曜日・日曜日、祝日の11:00〜17:00、有楽町・東京交通会館1階ピロティで開催している。スタッフが全国からセレクトした生産者が20〜30ブース参加。産地直送の野菜やお米、旬の果物はもちろん交通会館マルシェならではの品々も沢山並び毎週末賑わいをみせている。



「どさんこプラザ」は、北海道の委託を受けて、札幌丸井今井が運営。さすがは食の宝庫!都内のアンテナショップの中でも屈指の人気を誇る。店内の買い物客はもちろん、店先も大人気のソフトクリームを片手にした人で賑わっている。





「The博多」は一見、福岡のアンテナショップっぽいが、九州他県のものもあり品揃えからして違うという事がわかる。ところで、福岡が独自のアンテナショップを持っていないのは意外な感じ。もしかしたら、それぞれの地域の個性が強すぎて、まとまれないのかも。いずれにせよ、The博多は“うまかっちゃん”が手に入る貴重な店であることは確か。


The博多の反対側の並びにあるのが富山のアンテナショップ「いきいき富山館」。約800品目の山海の幸や工芸品をバランスよく仕入れている。東急ハンズの超ロングラン商品「ケロリン」グッズはここでも手に入る。観光情報をはじめとした富山に関する資料・パンフレットは同じフロアの別テナントで取り揃えている。



静岡県のアンテナショップ「しずおかプラザ」は狭い店舗。静岡県東京観光案内所というのが正式名称だけあって、観光パンフの入手を中心に県内物産品を展示。販売は加工品のみほんの一部といった感じ。モト冬樹似の所長がいい味を出している。




「秋田ふるさと館」は、人々の生活の知恵から生まれた「きりたんぽ」「いぶりがっこ」「しょっつる」などの郷土の味、匠の伝統の技が生み出す「樺細工」「曲げわっぱ」などの工芸品などを取り揃えている。アンテナショップの出店としては古いだけあって、商品バランスがいい。なお、観光情報はひとつ上の2階にある「秋田まるごと情報プラザ」にて。


「むらからまちから館」は、ありそうでなかった全国の産直品の総合店。お菓子、野菜、畜産、調味料、お酒、さらにご当地コスメまで販売する。全国商工会連合会が母体のため、各市町村レベルの少量しか流通しないレアものが手に入ることも。観光系パンフやタウン誌なども広く浅くバランスよく集めてる。



高知の小なすと熊本の大なす。
こうやって地域の野菜を買ってきて比べてみるのも楽しい。


ふう〜
まわってきたところ一気に紹介しました!

突発的ふるさとアンテナショップ巡り@

2010年08月24日(火) 23時31分


「まるごと高知」のとなりは沖縄のアンテナショップ「わしたショップ」。

前日の興南高校の優勝!記念セールでさぞ盛り上がってるんだろうなぁと覗いてみたが、セールどころか・・・
“祝”の文字すらない!
熱しやすく冷めやすいってことか・・・何事もなかったようにフツーに営業していた(笑)



逆に、となりの「まるごと高知」方が気遣って、入口に「祝・沖縄興南優勝」の紙を貼っていた。

わしたショップは、 沖縄県物産公社が運営。
沖縄という特性を十二分に生かし、他のアンテナショップに比べかなり内容が充実している。

また、客層も幅広く、特に若い人が多い。高知は年齢層が比較的高いと思われるので、両ショップ同士の相乗効果はかなり期待できると思う。



ところで、わしたショップの後は「麻布十番納涼祭り」に行こうと思っていたのだが・・・

あまりの暑さ、人混み、それと今年は会場が工事中のため中止になってしまった国際バザールなどなど・・・考えているうち行くのがすっかり億劫になってしまった。

ただ、心残りは昨年からコーナーができた、ふるさと物産「おらがくに自慢会場」を見られないこと。

う〜む・・・  そこで、銀座あたりのアンテナショップを巡ることにした。



まずは、銀座5 丁目の熊本のアンテナショップ「銀座熊本館」。

1階の物産コーナーは、地元名産のからし蓮根、いきなりだご、馬刺し、大平燕、球磨焼酎など、その数は約1000品目にも及び、狭い店内ながら一通りツボを押さえた品揃えを誇る。
また、2階のASOBI・Barは、ランチタイム(11:30〜14:00)、カフェタイム(14:30〜16:30)、バータイム(17:00〜20:00)で営業をしていて、熊本の郷土料理や郷土のお菓子、球磨焼酎などが楽しめるフロア。





次に数件先の並びにある、フジテレビの情報番組「めざましテレビ」プロデュースの「銀座めざマルシェ」へ。
オープン時は日本全国47都道府県の物産品を集めた物産館として、かなり話題になったが行くのはこれが初めて。

で、感想は・・・
なんじゃこりゃ?

素人がカネにモノを言わせ、あれもこれも手を出し、しかし、思うような品揃えが叶わず、どうしていいのか迷走してしまっている典型的な売り場例。

さすがはフジテレビ。売り場面積はものすごい。しかし、肝心な商品が確保出来ないので、仕方なく同一商品で棚を埋めているといったコーナーがかなり目立つ。

普通ならとっくに撤退してもおかしくないが、カネがあるだけ始末が悪い。

目の肥えたアンテナショップフリークにしてみたら、ナメてんの?的なショップ。

中高生の修学旅行や最近増えてきた中国人観光客を相手にするにしたって、もうちょっとやりようがあるんじゃない?



それと、2基あるのレベーターが全然来ない。どうやら混雑してるんじゃなくて単に機械が遅いらしい・・・
銀座のビルなのに、40度の熱波の中みんな外階段で移動している。
しかもそれは確信犯らしく、壁にPOPやチラシを貼っている。

フッ・・・・バ、バカにしてんのか!



フジテレビの女子アナ好き以外には絶対オススメしません!こんなショップ(怒)

土佐がまるごと江戸にきたぜよ!「まるごと高知」がオープン!!

2010年08月23日(月) 23時41分
高知県のアンテナショップ「まるごと高知」が8/21にオープン!
さっそく開店2日目に行ってきた。



場所は銀座一丁目の「沖縄わしたショップ」のとなり。
11時ごろ到着。しかし入店制限が出ていて、外にお客が並んでいる。20分くらい待ってやっと入店。

まずは1階の食品販売フロア「とさ市」から。
地元高知の豊かな自然に育まれた農・水・畜産物とその加工品など旬の特産品が並ぶ。
また地元で人気のスイーツやアイスクリンなども勢ぞろい。
エリアコーナーでは四万十製品。催事スペースでは地元直送の新鮮野菜を販売。



内容は、一番後発ということもあり、他のアンテナショップをよく研究しているらしく、品揃えはもちろん、東京ウケする見せ方もよく出来ている印象。アンテナショップフリークの評価も高いのではないだろうか。

高知のアンテナショップは、以前から築地市場に食材中心の店があるものの、総合的かつ、大々的な店構えとしての展開はこれが初めて。
また、マーチャンダイジングは県の観光課が代理店丸投げするパターンではなく、高知県地産外商公社という一般財団法人を立ち上げ運営している様子。

次に地下1階の酒・工芸品・グッズなどの販売と観光案内カウンター「とさ蔵」へ。
酒類コーナーでは高知の地酒がずらり並ぶ、試飲も結構やっていて、檀太郎氏?らしき人が、お客の酒選びのアドバイザーとして店を手伝っていた。

工芸品は和紙などを中心に、高知県坂本龍馬記念館のオリジナルグッズなどが販売されている。

観光案内コーナーには旅行カウンターと観光系パンフが置かれている。
パンフはもっと細かくエリア別にあればいいと思うが、オープンしたばかりでは仕方ないところか・・・

2階はレストラン「TOSA DINING おきゃく」
ちょうど昼のランチ時。せっかくなので食べていくことに。
「カツオのたたき」にしようかとも思ったが、前日まで2日連続で食べてたこともあり(笑)はちきん地鶏の親子丼と高知野菜のピザをいただいた。



産地直送の新鮮素材生かし丁寧に調理しているのが分かる。
味付けもちょうどよく美味かった。

食べ終わって、夜のメニューを見せてもらった。

ん?カツオの塩たたき・・・ えっ!し、塩たたき!!

早速聞いてみた。
「ひょっとして、昼のランチの“たたき”って・・・」
「あっ、塩でイケますよ。でも東京の方は馴染みがないので、ポン酢すすめてますけど・・・」

「おまん、それ早よ言わんかえ〜」

今夏前にシゴトで高知に行った時にハマってしまったカツオの塩たたき・・・
思わず叫んでしまった(笑)



おぉ!向こうのオープンキッチンでは「カツオの藁焼き」の実演もやっている!

ここは都内で「カツオの塩たたき」が食べられる貴重な店でもあったのだ。
う〜む残念。今度はぜひ!

落ち着いた雰囲気。ZI-ZI今度如何ですか?接待でも申し分ないかと・・・



レストラン「TOSA DINING おきゃく」
席数74席 個室2部屋 全席禁煙
営業時間:平日11:30〜23:00(LO22:00) 土日祝11:30〜22:00(LO21:00) 
TEL:03-3538-4351

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Y部長
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2002年「ローソンの運転免許」立ち上げのメンバー。以来、常に営業の最前線で活躍。メーカー時代の経験を生かし、「ものづくり発想」を取り入れた合宿免許に関する様々な企画商品やイベントを考案。「合宿免許プロデューサー」として地域の特色やスタッフの個性を生かした企画に定評あり。合宿免許を通じた地域活性化を目指す。2015年1月、株式会社トリオワークス設立。

2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像あのっち
» 今村君おめでとう (2016年06月13日)
アイコン画像合宿免許に行った場所
» 奇跡のひるめし309 (2015年09月06日)
アイコン画像一人の合宿免許
» 盆踊りを眺めつつ思うこと (2015年08月09日)
アイコン画像合宿免許に入校
» 夏の全国高校野球東東京大会準決勝 (2015年07月27日)
アイコン画像旅行ついでの合宿免許
» 自宅で駅弁食べてます (2015年07月19日)