あのっちの休日2012〜秋葉原〜

2012年10月20日(土) 9時45分
上野から秋葉原も近い。
上野公園で西郷さんを見てさらに秋葉原まで歩く。

今や日本経済をけん引する全国でもっとも元気な街、秋葉原。

秋葉原は戦後、多様な電子関連の機器や部品を取り扱う商店が建ち並び、高度経済成長とともに白家電・オーディオを中心に世界有数の電気街として発展してきた。

そんな秋葉原も80年代あたりから逆風にさらされる。
自宅から近く車で行け、品物を即日持ち帰れる関東近隣の家電チェーン、若者が集まる新宿・池袋・渋谷に乱立するカメラ系都内ディスカウント店の台頭で、電器を買いにわざわざ秋葉原に行く層が減ってきた。

90年代に入り、無線系老舗店舗の閉店などネガティブな話題の一方で、街は着々と現在のマルチメディア街に変貌していき、ウインドウズ95の発売で、秋葉原は「マルチメディア最先端の街」として完全復活を果たすことになる。

今では、マルチメディアにのみならず、アニメやゲーム、同人誌などのサブカルチャーの街として、またAKB48劇場に代表されるアイドル・エンターテイメントなど日本文化の発信拠点として、多くの観光客が世界中から訪れる。


さっきは“おじぃ”、こっちは“おたく”でごった返してる


秋葉原にはオタクが集まる。
そこは趣向を極める「場」であり、そこに行けば「情報交換」が可能であり、同じ趣味を持つ同士「交流」ができるからだ。
よくよく考えると、それはアニメのフィギュアやコスプレやアイドルだけでなく、ラジオのパーツにも当てはまる。
その昔、無線系店舗の片隅ではラジオやマイコンの部品を買い組み立てる場があり、仲間との情報交換や交流が可能だった。
昔も今も、秋葉原は人と人のつながりを創出できる街といえる。
それが秋葉原の吸引力に直結している。


劇場という箱の中を覗いてみたくなるワクワク感
浅草に秋葉原。そこには老若男女問わない何かが・・・
過疎化のすすむ街のコンテンツに必要なキーワード?

あのっちの休日2012〜上野〜

2012年10月19日(金) 22時55分
浅草のあとにして上野まで徒歩で移動。
途中、かっぱ橋道具街を横切りながら、地下鉄で約2駅分ほど歩いた。

「上野と浅草がこんなに近いとは」
意外な様子のあのっち。

東京都内の移動に地下鉄ばかり使っていると、目的地までの距離感がいまいち掴めない。
しかし実際歩いてみると、頭で地図も描けるようになり、立体的に距離感がイメージできるようになる。

点と点が繋がり、複数ある馴染みの場所の位置関係が意外にも近いことに気付いたりする。

もし時間に余裕があるなら、途中で脇道に入ってみるのもいい。
無機質な都会の中に、生活感漂うスポットや名もない歴史を感じる場所がある。そこは、歩くことで見えてくる、もうひとつの東京なのだ。


上野公園の西郷さん

あのっちの休日2012〜虎姫一座〜

2012年10月18日(木) 0時18分

あのっちご満悦

浅草でのメインは、今回あのっちより是非スケジュールに入れて欲しいと懇願された昭和歌謡レヴュー。

浅草レヴュー劇団「虎姫一座」は、大手芸能プロダクション“アミューズ”が手掛ける私立美術館「アミューズミュージアム」を拠点に活動するメンバーで構成している総勢9名のユニット。浅草という日本のエンターテインメント発祥の地で、「古きよき昭和歌謡のリバイバル」をコンセプトに練り上げた、スペシャルコンテンツを上演している。

平日なので空いてるかと思いきや、ご年配の方々で場内は盛況。
アクティブシニア層向けのプロデュースもさることながら、ライブパフォーマンスもさすがはアミューズ。満足度も高く見応え十分だった。

ショー終了後は、出演者全員が出口に並び一人ずつ握手を交わし見送る。
これはたまらない。
おじぃ達を含め、あのっちのハートもメロメロなのは言うまでもない。

帰りのエレベーターを待っていると、ロビーではなんと常連同士がパンフ片手に、それぞれ好きな女性メンバーの話題で盛り上がっているではないか。
う〜む。
その光景は、さながら“おじぃ達のAKB劇場”といった様相だった。


場内を見渡すと、我々が一番若い(笑)



ステージがきらびやかにスタート!


懐かしの昭和歌謡メドレー


ザ・ピーナッツのふたり


美女に挟まれデレデレのあのっち


あのっち、よかったね

あのっちの休日2012〜浅草〜

2012年10月17日(水) 0時29分

まずは浅草寺でお参り

先ずは、浅草からスタート。

大正〜昭和初期における東京の娯楽の中心地、浅草。
興行、歓楽の街は、多くの芸人を輩出した芸能の流行発信地としても知られる。

その浅草も、高度成長期と呼ばれた1960年代に入りテレビ時代が本格的に幕を開け、また映画館や劇場においては若者との嗜好のズレにより斜陽を迎える。
一方で、地元商店も観光物件頼みの待つ商売から抜け出せず、TDLオープン後から数年はさらに観光客も減少。修学旅行コースからも外れるなど苦難の時期が続いた。

しかし、今では以前にも増し大いな賑わいを見せている。
失いつつあった観光客を取り戻すため浅草は何を行ったのか。
途中、ホッピー通りで喉を潤しつつ、街の中で答えを探した。


お参りの後、浅草寺周辺をぶらぶらしつつ・・・


まずは最初のリクエストクリア!お待ちかねのホッピー通りへ


全国でも珍しい“生ホッピー”で、カンパ〜イ!


スカイツリーをバックに、イヨォ〜

あのっちの休日2012

2012年10月16日(火) 21時53分

あのっちの休日2012 はじまりはじまり・・・

以前、昭和ドライバーズカレッジの営業部長を務めていた“あのっち”のニックネームでおなじみの阿野さんは、現在生まれ故郷の山口県美祢市観光協会の事務局長として活躍している。
阿野さんとは今でも交流が続いていて、年1回プライベートで上京の際、行きたいところをリクエストいただき、都内各所を案内がてら一緒にぶらっとするのが恒例となっている。
今回は先週末の金曜から3日間のスケジュールで上京。金・土の2日間案内させてもらった。

「スカイツリーに虎姫一座、浅草ホッピー通りにタカミ&コバヤシとの飲み、行列体験に地元山口のゆかりの場所、そして今の仕事の参考になりそうなもの・・・」 コレ全部2日間で(笑)
多忙な中、何とか時間が取れたといった様子の阿野さん。
肝心のリクエストは上京直前の連絡となった。

メインとなる“仕事の参考”には、足立区のウォークイベントの参加。
おまけに10月グランドオープンしたばかりの東京駅夕暮れ撮影会も加え、とりあえず全てクリアした。

ぶらりする中、美祢市の地域活性化についても色々な話しもした。
「限られた予算の中で新たに何かを作るのではく、今あるものを活かし、どう外貨を稼ぐか」 2日間じっくり付き合い共に考えた。
彼が昭和ドライバーズカレッジ時代だったころ、私の無理難題を聞いて実現してくれたせめてもの恩返しだ。
残念ながら明確な答えまでは至らなかったが、今後の活動において何かしらのヒントになればと思う。
あのっちとは、また、近い将来一緒に仕事をする気がする。
今と違うステージで。

鍋用!!ズゴックとうふ

2012年10月15日(月) 21時46分
先日のザクとうふデザート仕様一緒に購入したガンダムシリーズ。
こっちは鍋用。


袋の裏の「潮の香りの昆布風味!」という文字に、先日のデザート仕様のマズい味を思い出し、不安が脳裏をよぎる・・・


やっぱし、マズかった・・・(涙)
冷めた昆布茶ほどマズいものもないが、まさにそんな味。
ひとくち食べた瞬間、変な生臭さが鼻腔をつく。
その臭さは、直後に食べる他の具材が変な味に感じるほどだった。
煮込んで中和を図ってみたが、多少昆布風味が和らぐくらいで、マズいのには変わりなし。

ガンダム好きならいざしらず、話題性だけで購入した客は二度と買わないだろう。スーパーの劇安豆腐ですらこんなにマズくない。
相模屋の社長がガンダムマニアは分かるけど、何で肝心な中身をこんな変な味にするのだろう・・・

それでも、この商品は生産が追いつかないほど、売れているという。
それだけガンダム好きが多いのか、ひょっとして単にオレの舌がバカなのか。

だが、さっき男前じゃないほうのジョニーシリーズ、コーンポタージュ味を食べたけど、こっちも負けず劣らずマズかった(笑)

これらの豆腐に共通するのは、“何とかエキス入り”。
“何とかエキス入り”豆腐が、自分の舌に合わないことだけは分かった。

ザクとうふデザート仕様

2012年10月12日(金) 9時29分
ガンダムシリーズ豆腐で話題の相模屋から、デザート風の豆腐が出ていたので試してみた。


別にガンダム好きというわけでもないが、男前のジョニーシリーズをはじめ、ここ数年の豆腐業界における濃厚風味の流れから、デザートという発想に至るのは自然の流れか・・・試してみたくなる。


う〜ん。
味は例えるなら、安〜いバニラアイスが溶けかかって不味くなった状態。バニラ香料が結構きつく、お世辞にも美味いとは言いがたい。
っていうか、風味をバニラにする必要があるのか。大豆の甘さだけで十分なのでは。


味を変えたくて、アイスに醤油の発想で“ごとぽん”をかけてみた。
しかし・・・これは、合わん。さらに大変なことになってしまった。
味は、例えようもないが・・・
あえていうならプリンの上にカラメルと間違え、ぽん酢をかけてしまい、ひとくち食べてビックリといった感じ(まんまかw)

Daedoko@東京丸ビル

2012年10月08日(月) 0時37分
9月下旬、高知の後藤さんの娘さんが上京されたので、グランドオープンを間近に控えたJR東京駅丸の内駅舎を見物したあと、先日のお礼も兼ね、丸ビルにある山形素材のイタリア料理店で食事をした。


山形の食材とイタリアンの融合というコンセプトのバル
「Daedoko(ダエドコ)」
インテリアは店名の「台所」をイメージ
店のプロデュースは山形県天童温泉の老舗旅館「桜桃の花 湯坊いちらく」


お通しの漬物盛り合わせ
小さい壷に数種の漬物が詰め込まれていた
色も計算した細やかな演出で
このあとの料理に期待を抱かせる


SOBAドライ
天童で作られているご当地ビール
そばの実を使用した豊かな味わいと甘い香りが特徴とのことだが
軽すぎるというか、繊細すぎて正直良さがよく分からなかった


山形ごぼうと凍み大根のアラビアータ
極寒地方ならではの食材
凍み大根とごぼうをピリ辛トマトソースにて
ひとくち食べた瞬間に、店のコンセプトが舌で感じられた
最初の料理にふさわしい一品


ヒヨコマメと秘伝豆の豆豆サラダ
秘伝というより彩りが印象的な一品
箸休めにちょうど良かった


玉こんにゃくのゴルゴンゾーラ
今や山形食材の代名詞となった玉こんにゃく
しかし、これには参った。味の追求、コストの追求
色んな意味で山形県民の思考が具現化されている味わい深い一品


さくらんぼビール
文字通り、山形名物のさくらんぼの香りが豊かな
どちらかといえば女性向けのビール
しかし、先のSOBAビールもそうだったが
グラスの約上半分が泡というのは如何なものかと・・・


納豆王国!!塩納豆の庄内麩包み揚げ
中身の具材は、塩納豆&もち米がベース
アクセントとなる“たくあん”の絶妙な塩加減と歯応えがたまらない一品


茄子の山形味噌クリーム田楽
山形味噌にピーナッツ、ヨーグルト、生クリームを加えた
洋風みそダレでいただくイタリアンな田楽は
こんがり焼かれた、濃厚素材のみそダレの香ばしさと
茄子の甘みの絶妙なコラボレーション


鶴岡市わんぱくたまごの濃厚カルボナーラ
パスタ麺は蕎麦粉を使用
あっさり美味しくいただけたが
濃厚ソースと麺の淡泊さはちょっとミスマッチに感じた


米米サワー
数種類ある日本酒のカクテルのうちのひとつ
メニューを見て、単に炭酸で割ってる一番あっさりしたヤツをオーダー
味は・・・そう、想像通り


YAMAGATAピッツァ
シェフの気まぐれピッツァということで、具材はおまかせ
全体にかかっていたハチミツがアクセントの一品


山形旬野菜のチーズケーキ
チーズケーキの濃厚さを期待していると肩すかし感は否めない
野菜を使っているというだけで何となくヘルシーに感じるライトな一品


東京都内では、地方アンテナショップ流行で、地域食材は身近なものとなり、都内各所に郷土料理店も続々出来ている。しかし、その殆どが地元ならではの本格料理を手頃な価格で提供するものばかり。
そんな中、Daedokoのように地域の食材を使いつつも、調理が和とイタリアンとの融合で、今流行のバルでの展開というのは新鮮に感じるし若い層も取り込める。このようなコンセプトの店は今後増えていくだろう。

Daedoko
〒100-6390 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル6F
tel:03-3212-3313
営業時間
昼/11:00〜15:00 夜/17:00〜23:00(土・日22:00)


東京駅オープン直前のこの日、たまたまライトアップに遭遇
空の色も撮影には夕刻のいい時間帯だった

人形師 辻村寿三郎×平清盛

2012年10月07日(日) 7時42分


現在、新宿タカシマヤで開催中の、辻村寿三郎 人形展「平家物語縁起〜清盛、その絆と夢〜」を見に行ってきた。

「歴史のみが真実とはいえない」
会場は、人形師・辻村寿三郎が史実をさまざまな角度から見つめ直し、そこから見えてきた清盛の姿や彼を取り巻く人間模様、その絆や夢を人形に投影し、独自の解釈で創作した世界が広がる。

辻村氏の作品といえば、なんといっても小学生のころNHKでやっていた人形劇「新八犬伝」。
キャラクターそれぞれの顔に性格がよく表れていて、毎回ワクワクしながら楽しく見ていたことを覚えている。

今回の作品は、平清盛が生きた時代にスポットを当て、その時代の登場人物それぞれに関するエピソードを紹介。一体一体の人形が放つ表情に魅せられながら、平安末期の出来事を紐解いていくという手法がとられていた。

平家の繁栄、そして没落。歩が進むにつれ、時代に翻弄された者たちの苦悶の表情が人形とリンクする。

最後には、平家の栄枯盛衰を見届ける表情の桓武天皇が。
平安時代は平氏のルーツである桓武天皇から始まり、310余年の時を経て終わらせたのが、天皇の御落胤といわれる清盛というのが何とも感慨深かった。

「平成と平安時代は、似ているところがあります」
平安末期の武力抗争の引き金となった保元の乱は、信西が広めた風説の流布が始まりだと辻村氏は解釈。
違う価値観を認められず、ひとつの価値観にまとまることを幸せだと思っていると、やがて風評に惑わされる。

辻村氏の創造力により、息吹を吹き込まれた人形たちの姿は、我々に知られざる「平家物語」像とともに、今を生き抜くうえでの大切な示唆も与えてくれているようだった。

今年最後の神宮球場

2012年10月06日(土) 23時07分
今年最後の神宮プロ野球観戦
ヤクルト×広島

広島では高卒3年目のルーキー堂林の2打席連続ホームラン。
ヤクルトでは内野安打に盗塁と・・・
今季限りで引退とはとても思えない福地の足が印象的だったこの試合。

結果は4−2で広島の勝利。
最後9回ウラ雨天コールドというのが、
雨が多かった今年の神宮プロ野球観戦を象徴しているようだった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Y部長
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
2002年「ローソンの運転免許」立ち上げのメンバー。以来、常に営業の最前線で活躍。メーカー時代の経験を生かし、「ものづくり発想」を取り入れた合宿免許に関する様々な企画商品やイベントを考案。「合宿免許プロデューサー」として地域の特色やスタッフの個性を生かした企画に定評あり。合宿免許を通じた地域活性化を目指す。2015年1月、株式会社トリオワークス設立。

2012年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新コメント
アイコン画像あのっち
» 今村君おめでとう (2016年06月13日)
アイコン画像合宿免許に行った場所
» 奇跡のひるめし309 (2015年09月06日)
アイコン画像一人の合宿免許
» 盆踊りを眺めつつ思うこと (2015年08月09日)
アイコン画像合宿免許に入校
» 夏の全国高校野球東東京大会準決勝 (2015年07月27日)